フィコシアニンの効果

  • フィコシアニンには天然の色素です

    • フィコシアニンとは藻類などに含まれる色素タンパク質のことをいい、光合成色素の1つとしても知られています。フィコシアニンは藍藻、灰色藻、紅藻などに含まれており、その水溶液は鮮やかな青色をしています。

      フィコシアニンは天然の色素のため様々な食品に着色料として利用されています。
      例えば、ソーダ味のアイスクリームやキャンディ、ゼリー、グミ、わさびといった食品に使用されることが多くあります。


      着色料というと合成着色料のような人工的で体に悪いイメージをお持ちの方も多いと思います。

      スーパーフードの為になる情報です。

      しかし、天然成分なので体に害は全くありませんし、危険性のない安心安全なものです。


      むしろ、フィコシアニンは免疫力を高める効果やデトックス効果があると言われており、体にとって良い物質です。
      フィコシアニンには高い抗酸化作用があると言われています。

      人の体は活性酸素が原因で酸化し、細胞にダメージを与えられることで老化が起こります。

      独自のシステムでエキサイトニュース情報が満載です。

      抗酸化作用はその酸化を防いでくれるものなので、体の老化を防ぎ若さを保ってくれる働きがあるのです。


      シミやそばかすなどを防いでくれる働きもあります。



      また、免疫力を上げ、ウイルスや細菌から防いでくれる効果もあると言われています。それから、抗炎症作用もあり、痛みを抑えてくれる働きもあります。

      そして、体に取り込まれた有害物質を排出してくれる働きもあります。


      例えば、カドミウムやダイオキシンといった体に蓄積された有害物質を除去してくれます。そのため、デトックス効果が期待できるのです。

top