フィコシアニンの効果

  • フィコシアニンの特徴について

    • 藻類などに含まれている色素たんぱく質のことを「フィコシアニン」といって、光合成色素としても知られていて藍藻や灰色藻、紅藻などに含まれています。
      抗酸化作用があり生活習慣病を予防する働きあるのでがん予防などにもよいといわれています。

      エキサイトニュースならこちらのサイトがオススメです。

      ギリシャ語の藻類(phyco)」と青色のシアン(cyan)に由来した名前です。

      最近「スピルリナ」に含まれていることがわかり、免疫力を高めたり肥満予防の効果があります。

      生活習慣病予防以外にも様々な効果があります。



      抗酸化作用があって活性酸素を除去するのでシミやそばかすを防いだり、免疫力を高める作用があるので風邪を引きにくくなったり、抗炎症作用で患部の痛みをおさえるので炎症を抑える効果があります。

      生スピルリナの特徴をご紹介するサイトです。

      さらにデットクス効果もあってカドミウムやダイオキシンなどの有害物質を体の外へと排出します。

      ダイエット効果も期待できるので女性にもおすすめです。

      フィコシアニンを摂取するときに気になるのが副作用などです。
      過剰摂取での弊害は確認されていませんがやはり摂取しすぎはよくありません。
      摂取量の目安はスピルリナから摂るときには1日あたり3gから6gで十分です。
      普段の食事などからスピルリナを摂取するのは難しいので、効率よく摂取できるサプリメントがよいです。


      スピルリナサプリメントでフィコシアニンを摂取するときには、用法や用量などをきちんと守って正しく摂取することが重要です。薬と違い即効性がないので長く継続することが大切です。

top