フィコシアニンの効果

  • フィコシアニンの効果と特徴

    • フィコシアニンといえばスピルリナの主成分で知られていて他の食品からは摂取できない独自の青色色素成分です。「抗酸化作用」「免疫関係」「抗炎症作用」があると研究でもわかっています。


      色素たんぱく質の1つであり海苔などにも多く含まれています。

      この成分は体の酸化を防ぐ作用があり肌や髪の老化を防いで若さを維持する働きがあります。さらに体の中に取り込まれた体に有害な物質を外へ排出する効果もあるといわれています。

      スピルリナ選びをお手伝いします。

      フィコシアニンは体に負荷がかかると発生する有害な酸素の働きを抑える効果もあって、有害な酸素の活動で傷つく皮膚の細胞や口の中の粘膜組織を保護して再生する働きを促します。


      「抗酸化作用」があるので免疫機能をあげてからだの健康状態を保ってくれます。体の中にたまる色々な有害物質を体外へと排出する作用があり、有害物質の蓄積が原因の肌荒れや廊下なども軽くしてくれます。

      T-SITEについての情報ならこのサイトです。

      有害な物質を排出する作用効果で疲労の緩和や倦怠感の改善なども期待できます。


      たくさん含んでいる食材には海苔がありますが、手巻きすしなどはおすすめです。1回でもたくさん食べられますし刺身などの魚介類以外にもレタスなどの野菜なども摂取できます。

      他にも海苔の佃煮もよいです。海苔の佃煮はご飯のお供として食べられるので継続的に取り込めますし、お吸い物などにも入れることが出来るので組み合わせることによって効率よく摂取できます。
      1日の推奨される摂取量は3gから6gです。



      フィコシアニンを多く含んだ海苔を習慣的に食べていると簡単にこの量を摂取できますが、習慣がない人は足りてないことが殆どなので海苔を色々な料理で使っていくことがおすすめです。

top